AGAを正しく学ぶ
AGA(男性型脱毛症)とは何か、意味やメカニズム、脱毛症状のタイプや考えられている原因など
Show MenuHide Menu

最近よく耳にする「AGA」って何?

こんなこと、経験ありませんか?「起きたら枕に髪の毛がびっしり抜けていた」「髪の毛を洗ったら排水口にたくさんの髪の毛が…」実はこれ、「AGA」のサインなんです! そもそも、「AGA」とは何でしょうか?AGAとは、「男性型脱毛症(AndroGenetic Alopecia)」のことです。

男性型脱毛症とは、男性ホルモンが髪の毛に「成長を止めろ!」という指令を出してしまい、成長途中の細い髪の毛が充分に成長できず、抜けてしまうという症状のことです。

メカニズムとしては、血液中の男性ホルモンであるテストステロンが頭皮の毛細血管を通って毛乳頭細胞にたどり着くと、酵素により悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変えられてしまいます。

悪玉のまま、男性ホルモンは毛乳頭細胞の核に入り、髪の毛を作る毛母細胞へ成長を止めるよう指令を出します。

成長を止められた髪の毛は、細くて弱い髪の毛となり、抜けてしまう、ということになります。

また、脱毛症状のタイプには三タイプあります。

一つは、つむじの周辺から頭頂部にかけて脱毛が進行するタイプ。

二つ目は左右の生え際の脱毛が進行するタイプ。

三つめはおでこから後退していくタイプです。

原因としては、男性ホルモンが悪玉に変わってしまうことでヘアサイクルが乱れてしまう、遺伝、ストレスや食生活習慣によるものと考えられています。

例えば遺伝などは有名ですが、特に母方の父が薄毛だと自分も遺伝している可能性があると言われています。

では、薄毛になってしまったら、どうすればいいのでしょうか? 対策などをご紹介します。

≫≫AGAの鉄人
http://www.adidasjpfirstshop.com/